実績紹介

越谷市保健所2014年竣工

 

コンセプト

本施設は中核市移行に伴い、市民の健康を守り、健康衛生行政の拡充を図ることを目的で建てられた、保健所に夜間急患診療所を併設した複合施設です。
構造は鉄骨造とし、大地震においてもその機能が維持・継続できるよう構造体は総合耐震計画基準のⅠ類(重要度係数1.5)を採用しています。
外観ファサードは、保健所という用途から、明るく、清潔感が感じられる色彩の金属パネルとし、南北に設けたカーテンウォールにより透明感を演出しながら、縦長のスリット窓により軽快かつシャープなデザインとしています。
保健所のエントランスホールはできる限り壁のない計画とし、受付窓口やエレベーターなどの位置が認識しやすい、利用者にやさしい計画としています。また、夜間急患診療所は木目調の内装材を採用し、温かみの感じられる治療空間として計画しています。

施設概要
建 築 主 : 越谷市
所 在 地 : 埼玉県越谷市
主要用途 : 保健所
敷地面積 : 10,082m2
延床面積 :  3,828m2
構  造 : RC造
階  数 : 地上3階
そ の 他 : 撮影 エスエス東京
Page TOP