実績紹介

TOPページ > 実績紹介TOP > 教育・研究施設/高等学校 > 高知県立高知小津高等学校

高知県立高知小津高等学校1999年竣工

コンセプト

本施設は、昭和7年に建築された旧校舎の一部を、そのままの形で保存し再生する、そして、新しい建物群との組み合わせによる新旧建物の共生をテーマとしています。
『積み重なった様々な時間の重み』を伝えるネオゴシック調の保存建物を中心に、その両翼に新校舎を高層建物として配置し、既設の緑地帯を出来る限り保存した敷地の中で、正面製のあるファサードを構成しています。また、保存建物のディテール(尖塔模様の壁装飾)を新校舎にも取り入れ、デザインの調和と融合を図りました。外構の床材はリサイクル材の舗装板を広範囲に使用しています。
本館東の一階部分に配置したピロティは、ゆとりと広がりを持つ半内部空間の交流スペースとして利用でき、最上階の6階には市街地を一望できる400人収容の食堂を配置しました。外周を取り巻くバルコニーはアーチ付の開口を連続させ、保存建物との調和を図りながら、小津高校の『顔』を形成しています。

施設概要
建 築 主 : 高知県 
所 在 地 : 高知県高知市
主要用途 : 高等学校
敷地面積 : 24,547m2
延床面積 :  5,920m2 本館(東)
        5,255m2 本館(西・中央)
        6,751m2 体育館・芸術棟
構  造 : 本館(東)SRC造
       本館(西・中央)SRC造
       体育館・芸術棟 RC造(一部S造)
階  数 : 本館(東)地上6階
       本館(西・中央)地上5階
       体育館・芸術棟 地上4階
そ の 他 :
Page TOP