実績紹介

TOPページ > 実績紹介TOP > 医療・福祉施設/病院 > 小豆島町立内海病院

小豆島町立内海病院1997年竣工

コンセプト

新病院は、旧病院の約2倍の広さを有し、患者に明るく和らいだ雰囲気を提供できるようアメニティ(快適性)を重視した設計としました。また、安全性・経済性に配慮すると共に来たる高度情報化社会に対応でき、地域の中核病院としての機能が十分発揮できるよう特に診療部門・検査部門の充実を図りました。
1階は開放感のある玄関ホールを中心に外来診療室、放射線関連室、検査室、薬局、事務室などが配置され、2階は屋外庭園を併設したリハビリテーション科など3科の診療室と人工透析室、手術室、3階北は医局、会議室等の管理部門、3階南は分娩室、新生児室などの産科関連室と病室からなります。4階から6階までは病室で、個室を多く配置した南側病室からは穏やかな内海湾を、北側病室からは寒霞渓を眺めることができ、快適な療養環境が提供できるようになりました。

施設概要
建 築 主 : 小豆島町(旧内海町)
所 在 地 : 香川県小豆島町
主要用途 : 総合病院
敷地面積 : 12,708m2
延床面積 : 12,475m2
構  造 : RC造
階  数 : 地上6階、地下1階
そ の 他 : 病床数 196床
Page TOP