実績紹介

TOPページ > 実績紹介TOP > 居住施設/居住施設 > アコードホテル

アコードホテル1999年竣工

コンセプト

本宿泊施設は低料金で客室を提供するホテルの中でも差別化を図るため、オーナーとの綿密な打ち合わせの元、3つの「B]、BREAKFAST、BED、BATHにおいてお客様に満足してもらえること、また、存在感があり都会的な中にも温かみがある外観を創出することを念頭に置き設計を行っています。
一階には朝食はもちろん昼夜も稼動できる本格的な厨房とレストラン、ゼミダブルクラスのベッドを設置できる客室、狭小型のユニットバスでありながら幅の広いバスタブ、など設備刷新の時期と原価償却のバランスをとりつつ時代遅れにならないよう備品にいたるまで計画し、外観はタイルの中にグリッド状に構成される開口を配置し開口の周囲に細工を施すことで開き式の雨戸を開け放ったようなイメージを受ける外観を創出しています。又、公共建築で培われた構造手法を取り入れ平成の玄界島沖地震の際にも市内にありながら被害を出しませんでした。

施設概要
建 築 主 : 千葉 昌世
所 在 地 : 福岡県福岡市
主要用途 : ホテル
敷地面積 :  439m2
延床面積 : 1,996m2
構  造 : RC造
階  数 : 地上9階
Page TOP