実績紹介

浦安市立東野小学校2010年竣工

コンセプト

本計画は、児童数急増による分離新設校で小学校と児童福祉施設の複合施設です。
敷地南側の騒音緩衝緑地への視線の広がりや、施設東側幹線道路の桜並木を景観に取り込んだアプローチなど、敷地条件を活かした配置計画を行いました。施設は屋内運動場の重層化やプールの屋上設置などにより土地の有効利用を図り、積極的な屋上緑化や自然換気システム、太陽光発電や雨水再利用システムの導入により環境負荷低減を図っています。
普通教室・多目的スペース・学習スペースで構成した『学年クラスター』を計画し、1フロアに2つのクラスターを設けることで低・中・高学年のまとまりに配慮しました。また、教科の情報展示空間を併せ持つ移動空間『メディアモール』を設け、読書テラスのある図書館、作業デッキのある図工室など多様性のある学習空間づくりを実現しています。

施設概要
建 築 主 : 浦安市 
所 在 地 : 千葉県浦安市
主要用途 : 小学校
敷地面積 : 18,795m2
延床面積 :  8,855m2
構  造 : RC造(一部S造)
階  数 : 地上4階
そ の 他 : 普通教室24CL、特別支援教室1CL
Page TOP