実績紹介

TOPページ > 実績紹介TOP > 教育・研究施設/幼稚園・小学校 > 習志野市立津田沼小学校

習志野市立津田沼小学校2013年竣工

コンセプト

ユニークな円形の既存校舎は、時代の最先端の学校として建設され、習志野市の学校づくりの先駆けとしての役割を果たしてきました。その精神を受け継ぎ、円形の記憶を継承した様々な魅力的な学習空間をもつ新校舎を敷地南側に配置し、北側校庭への日影に配慮した形態としました。階段状にセットバックしていく屋上は、緑化を施し緑豊な屋外活動スペースとして利用できる計画としています。
平面構成は、普通教室を南側、特別教室を校庭側としたコンパクトな構成の中に、明快な骨格づくりを行い、視線が通り、光と風が流れる環境としました。また、屋内外の回遊性をもった動線計画として、動線上に交流ラウンジ、展示コーナーなどを点在させ、移動そのものが楽しい魅力的な空間づくりを行いました。教室ゾーンにおいて、比較的教室廻りが行動範囲となる低学年は、教師コーナーや学級書架、菜園スースを設け教室廻りの充実を図り、高学年はオープンスペースや学習室を設け、少人数教育、グループ学習など、多様な学習形態に対応できる計画としています。

施設概要
建 築 主 : 習志野市
所 在 地 : 千葉県習志野市
主要用途 : 小学校
敷地面積 : 17,120m2
延床面積 :  9,972m2
構  造 : RC造
階  数 : 地上4階
そ の 他 : 普通教室24CL、特別支援教室1CL
       近代建築 2014年7月号掲載
Page TOP